怒っている人と接するストレスを減らす方法

怒っている人と接するのは、とてもエネルギーがいりますよね。

第一、怖いですし、とてもストレスが溜まります。

本日は、その「怒っている人と接する際のストレスを減らす方法」について解説をしていきたいと思います。

 

まず考えるべきは、

「自分への(精神的な)被害を最小限に抑えること」

です。

 

ここで参考にして欲しいのが、スタンフォード大学のブレッチャートらが行った研究です。

彼らは、次の3つのグループに被験者を分け、脳の活動を比較しました。

【グループ1】普通の表情を見たグループ

【グループ2】怒っている表情を見たグループ

【グループ3】怒っている表情を見て、「とらえ直し(認知の修正)」をしたグループ

 

「とらえ直し(認知の修正)」

とは、例えば怒っている人がいた際に、「・・・怖い」ではなくて、

「この人が怒っている理由は何だろう?何があったのかな?」

「きっとこの人は、朝から夫婦喧嘩をしてしまったのだな」

と文字通り、(勝手に)解釈をしなおすことです。

「認知行動スキル」の1つですね。

 

そんなトレーニングをした結果、【グループ2】は、他のグループに比べてネガティブな感情(ストレス)が濃くなった一方、【グループ3(とらえ直しのグループ)」は、【グループ1】と特に違いがなくなったのです。

 

「とらえ直し(認知の修正)」の効果が証明された、ということですね。

なのでもしあなたがアンラッキーにも怒っている人や不愉快な人に遭遇してしまったら、「きっと詐欺にでもあってしまったんだな、かわいそうに」みたいな感じで<自分以外のところに>理由を(適当に)見出して、自分へストレス感情が襲ってくる被害を抑えるようにしてください。

 

これですが、自分の怒りに対しても有効です。

先日、私は歩いてたら正面からすごいスピードで歩いてきた人に、ほぼ故意にぶつかられました。

当然ムカッと来ましたが、「あ、ちょっと頭のおかしな人なんだな、しょうがない」ととらえ直し(認知の修正)をしたところ、スーッと怒りを消すことができました。

「とらえ方(認知)」次第で、ストレスは逃すことができる、

ということですね。

ぜひ参考にしてみてください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA