口の中がストレスで荒れてしまった場合の対処方法は?

今日は、「口の中がストレスで荒れてしまった場合の対処方法」

について書いてみたいと思います。

ここケア・ねっとわーくの会員さんから日々色々なストレス症状の相談を受けていますが、

「口の中がストレスで荒れてしまった」

というご連絡をいただくことは結構、多いです。

 

「口内炎(歯肉炎なども含めて、ほおの内側や歯ぐきなどの口の中や、その周辺の粘膜に起こる炎症の総称)ができる」

という感じになるかと思いますが、口内炎はホントにイヤですよね。

それだけでブルーになって、さらにストレスがかかります。

 

口内炎が起こる原因には、口の中が不衛生だったりすることや、それ以外にもウイルスや、やけどなど様々ありますが、多いのはビタミン不足や過労、ストレスによるものです。

 

ビタミンについては、ビタミンA、ビタミンB2、ビタミンB6などが口内炎の予防に適しているということです。

ビタミンAは、豚レバー、鶏レバー、ウナギ、バター、鶏卵などの動物性食品です。

ビタミンB2は、魚介類、肉類、藻類、豆類、乳類、卵類、野菜類、種実類などに多く含まれています。

ビタミンB6は、赤身の魚や、ヒレ肉やささみなどの脂が少ない肉類に多く含まれています。

口内炎ができやすい時は、これらの食材を積極的に取って、食事の面から防ぐようにしましょう。

 

あとはやはり、ストレス対策ですね。

ここケア・ねっとわーく

ではそのためのコンテンツを提供していますので、ぜひ参考にしてみてください。

上記ページから、個別の問い合わせも受け付けています。

くれぐれも、無理されないようにしてくださいね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA