ストレスで目やにが出たり充血する場合の対処方法は?

今日は、

「ストレスで目やにが出たり充血する場合の対処方法」

について書いてみたいと思います。

 

まず、目やにや充血の症状は、「結膜炎」にかかっている可能性があります。

結膜炎は、白目を覆う「膜」が様々な原因により炎症を起こしている状態です。

目やにや充血以外にも、痛みや痒みなどはありませんか?

それであれば、やはり結膜炎の可能性があると言えます。

 

結膜炎にもいくつかあって、ウイルス性結膜炎、アレルギー性結膜炎、細菌性結膜炎、ヘルペス性角結膜炎などがありますが、ストレスが強くかかっていることから起きる結膜炎は、「細菌性結膜炎」の可能性があります。

細菌性結膜炎は、ゴミが眼に入ったり、汚れた手で眼をこすることなどにより、細菌が結膜に感染し、結膜炎を起こすものです。

眼のまわりには常在菌という、言ってみればお腹の中に大腸菌があるのと同じような通常では、体に無害な細菌があるのですが、ストレスが強くかかって体の抵抗力の落ちている人に、結膜炎を引き起こすことがあるのです。

 

対処療法としては、まずは眼科に行きますと、抗生剤の点眼で治療をします。

とりあえずそれで一旦、症状としては治まるかとは思います。

ただこれはやはり、あくまで対処療法ですので、根本となるストレス耐性を強化していったり、あまりにもストレスの強い環境なのであれば、それを変えることを考えた方が良いです。

 

ここケア・ねっとわーく>では、そのためのコンテンツを提供していますので、ぜひ参考にしてみてください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA