「責任感が強すぎる人のストレス」を軽減する方法

「責任感が強い人」

というのは、周囲から信頼され、仕事を任され、実際に仕事ができる人であることが多いです。

「あの人に任せておけば大丈夫」

みたいな感じで、頼りがいがありますもんね。

 

ですが、責任感が強すぎるあまりに、何でもかんでも自分でやろうとしたり、他の人を頼ることが苦手だったりすることもよくあります。

「自分がしっかりしなくては」

「ここは完璧にやらなくては」

いつもこんな感じで気を張り詰めていたら、かなりストレスが溜まってしまうのではないでしょうか。

 

実際に、私がうつ病時代に聞いた話では、うつ病になってしまう人の大半が、「責任感の強いタイプ」だということです。

度が過ぎる責任感は、ストレスで心を苦しくしてしまうということですね。

 

このような時に大切なのが、一歩引いた視点から、

「肩の荷をおろすことを自分に許してあげる」

ことです。

 

私がおススメする認知行動スキルが身に着いてくると、

自分をある程度、客観視して、

 

「ちょっと気を張り過ぎなのではないか、もうちょっと緩めても良いのではないか」

 

と考えることができるようになり、ストレス値が下がってきます。

 

また、「ここケア・ねっとわーく」でおススメしている

「ソーシャルサポート受けまくり作戦」

を使うと、

「もっと、上司のフォローを得られるようにしよう」

「周りの同僚にもっと仕事を手伝ってもらおう」

「たまには他の人にサポートしてもらっちゃっても良いよね」

 

みたいなスキルも自然と身に着いてきます。

自分のストレス値を下げて、心を安全に守るためにも、ぜひ一歩、足を止めて考えてみるようにしてください。

 

 

ここケア・ねっとわーく

ではストレスそのものに強くなるためのコンテンツを提供していますので、ぜひ参考にしてみてください。

上記ページから、個別の問い合わせも受け付けています。

くれぐれも、無理されないようにしてくださいね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA