心配や不安によるストレスを回避する、ちょっとした知識とは?

今日は、心配や不安から来るストレスを回避する、ちょっとした知識をお伝えしたいと思います。

 

心配性・不安症の傾向があると、何かと生きづらさを感じてしまいますよね。

「もしああなってしまったら、どうしよう・・・?」

「こんなことが起きてしまったら、どうすればいいんだ・・・?」

そんな不安に駆られ過ぎてしまうと、日々の行動も制限されてしまいます。

度が過ぎると、「強迫性障害」になってしまうことも・・・。

 

さて今日は、そんな心配や不安から来るストレスを回避できる、ちょっとした知識をお伝えしたいと思います。

これはすごくシンプルです。

ペンシルバニア大学のボルコヴェックらの研究によると、

心配事の79パーセントは実際には起こらず、しかも残りの21%のうち、実に16%の出来事は、事前に備えをしていれば対処が可能でした。

つまり、心配事、不安に思っていることが現実化してしまうのは、たった5%に過ぎない

ということが明らかになったのです。

 

なので、心配し過ぎる傾向にある人は、このような研究があることを意識して、

「大丈夫、不安が現実になるのはたった5%だけ!」

と少し気持ちをラクにするようにしましょう。

 

もちろん、だからといって過剰なプラス思考になって、

「どうにかなるでしょ」

となってしまってはいけませんが、自分が少し不安症気味だな、という人は、こういう知識を知っておくだけでも、多少、気持ちが楽になるのではないでしょうか?

 

ぜひ参考にしてください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA