印象に残る社長あいさつは?ホームページでやるべきことを解説

どのホームページを見ても、かならずと言ってもいいほど社長あいさつ、という項目があるものです。

とくにコーポレートサイトはそれに該当します。

しかし、会社のトップでもある社長のあいさつを、重要視しているところは少ないのではないでしょうか?

テンプレートのような、あってないような存在になっているケースもあります。

そこで今回は、社長あいさつの重要性や印象に残るあいさつについてお話ししますので参考にしてみてください。

社長あいさつの重要性は?

社長と言えば会社のトップです。

そのトップが発信するメッセージが社長あいさつですから、かなり重要な役割を果たしています。

たとえば、仕事をお願いしたい企業や入社したい求職者など、あらゆる目的で会社のホームページを見て、どういう人が経営しているのかということが気になるものです。

実際に、社長あいさつを見て熱いものや共感できることが書いていれば、仕事をお願いしてもいいかも、入社してもいいかもと思えるようになります。

ホームページにありがちな、自社の強みや商品紹介は大切ですが、それ以上に会社の顔である社長あいさつは、もっと大切ですし力を入れるべき項目だと言えます。

印象に残る社長あいさつの考えかたは?

社長あいさつは、ホームページのなかでも重要視されていないためか、放置気味になっているケースが多いです。

だからこそ、このタイミングで立派な社長あいさつを作っておけば、目立つこと間違いありません。

 

社長のストーリーが大切

はじめてホームページに訪れる人たちは、会社のことはもちろん、社長が誰なのかやどういう人物なのかをそのときにはじめて知ります。

おそらく、ほとんどの人は社長あいさつを一瞬だけ見て別ページに行くか、ホームページから離脱することでしょう。

つまり、社長あいさつを読んでもらうためには面白くない、退屈なメッセージは辞めるべきです。

たとえば、社長の思いや体験したことをストーリーだてた構成にすることで、気持ちがこもっているように感じられ、少し読んでもいいかなという考えにたどり着きます。

誰に何を伝えたいのか知ってもらいたいのか

業種や職種によって、ホームページに訪れる人は異なります。

自社の社員をはじめ、仕事の依頼主、求職者、利用者、株主、同業他社などさまざまです。

社長あいさつが、自社やサービスを誰に向けて伝えたいのかをしっかり考えるべきです。

伝えたい相手をしっかり決めておけば、おのずと社長あいさつもターゲットに向けた内容になるはずです。

開業した理由や経営理念を分かりやすく

会社を経営しているということは、何らかの理由があって開業しているはずです。

会社によっては経営理念もあることでしょう。

当然、社外の人たちはなぜ会社があるのか、どういう経営理念なのかは知りません。

これから仕事をお願いしたい、求職したい人からすれば、開業理由や経営理念は知りたいと思うものです。

シンプルに、どういう理由で開業したのか、どんな経営理念があるのかをお伝えすることをおすすめします。

少しでも共感できることがあれば、問い合わせにつながる可能性があります。

親しみやすさを全面的に

ただでさえ、社長という立場はお堅く見えてしまうのに、社長あいさつまで堅苦しくなってしまうと見る人のイメージはそのままになってしまいます。

社長あいさつを見てほしい、会社のことを知ってほしいとお考えなら、少しでも親しみをもってもらえるようにするべきです。

どんな人でも、堅苦しい人よりも親しみがある人に寄ってくるように、社長あいさつも同じような考え方がベストではないでしょうか。

また、誰が見ても分かるような文章にすることも重要です。

ターゲットに関係なく、どの年齢層が見ても分かりやすい文章を意識しましょう。

プライベートの話もそえる

社長あいさつでより親しみを込めたいとお考えなら、自身のプライベートの話を少し添えてあげるのも手です。

たとえば、ゴルフのことを趣味として書いている場合、訪問者も同じ趣味で親近感がわく可能性があります。

商談時にも、趣味の話で盛り上がればお互いの距離がかなり縮まるため有効な手段でもあります。

ただし、趣味のことを書きすぎると社長あいさつとして成り立たなくなりますし、業種や職種、状況によってマイナスになることもあるため注意してください。

社長あいさつで注意するべきこと

社長あいさつは、好き勝手に書いても誰にも文句は言われません。

ですが、注意するべきことがいくつかあります。

訪問者に少しでもいいイメージをもってもらうために、重要な項目ではあります。

他社の社長あいさつをマネしない

社長あいさつを考えても、すぐに思いつかないものです。

そもそも、はじめてホームページを作るのであればなおさらです。

なぜなら、何が正解で不正解なのかが分からないからです。

そこで、他社の社長あいさつを引用しよう、参考にしようと考えるケースが少なからずあります。

参考にするのは問題ありませんが、言葉を拝借するのは絶対に辞めておくべきです。

コピーコンテンツとなり、Googleから低評価をされるだけではなく、該当する会社からクレームがくる可能性があります。

堅苦しい文章は使わない

社長あいさつは、堅苦しい文章が多いイメージを持たれている人は多いはずです。

堅苦しい文章を使うと面白みがなく、誰も見てくれなくなります。

そもそも、まったく知らない社長の堅苦しい文章を、誰が見たいんだということを考えるとダメな理由がわかることでしょう。

自社商品紹介は社長あいさつに含めない

自社商品やサービスを販売したいから、ホームページを立ち上げる、というのは当然のことです。

しかし、あまりにも自社商品愛が強すぎて、社長あいさつでも紹介するケースがあります。

社長あいさつは、あくまで社長がどういう人物なのか、を知るための場所です。

そこに自社商品やサービスを紹介してしまうと、社長あいさつのよさが消えてしまいます。

そもそも、自社商品やサービスは他ページで紹介されているはずですから、辞めておきましょう。

文章は長くなりすぎない

基本的に社長あいさつは、自画像1枚と文章のみで構成されています。

ホームページ作成時に力を入れすぎて、社長あいさつも長文になってしまう可能性があります。

正直、知らない人物の目的も分からない長文を読むのは苦痛でしかありません。

ですから、社長あいさつは文章が長くなりすぎないように、読んでみてストレスを感じない程度のボリュームに抑えましょう。

社長あいさつに写真は載せるべき?

どのホームページを見ても、社長あいさつに写真が掲載されていることに気づくはずです。

ですが、恥ずかしいから自分の写真を載せたくない、とお考えの人も多いことでしょう。

もし、社長あいさつに力を入れたいのであれば写真は掲載するべきです。

そもそも、社長あいさつで立派なことが書かれていても、社長の顔が掲載されていないと少し怖さを感じるものです。

なぜ顔を隠すのだろう?と不審がられてしまうと、問合せに繋がらなくなってしまいます。

ですから、できるだけ社長の写真は掲載するようにしましょう。

社長あいさつのまとめ

社長あいさつは、どのホームページでも見られるものですが、そこに力を入れている会社は非常に少ないと言えます。

だからこそ、他社との差別化をはかるという意味でも、あえて社長あいさつを強化し多くの訪問者に印象付けられることをしてみてはいかがでしょうか。

 

執筆者 佐藤洋介(ストーリーブランディング・ライター)

PAGE TOP